敏感肌とお化粧品について、最近私はコスメコレクター。

私は肌が弱く周りの同世代の子たちのように、毎日好きな鼻やメイクアップ用品を買ってお化粧するという事ができません。

それで今朝もドクタージャルトという韓国の鼻メーカーのトナーを通じて保湿をしましたが、肝心のメイクが決まらなかったのです。
なぜかと言えば、ドクタージャルトもそうですが、コンシーラーやアイブローなど一部のメイク商品は発売していても、口紅やチークなどの発色商品は売れていない事が多いのです。

仕方なく日本で買ったアイシャドーは、常にワセリンクリームを塗った上からメイクしましたが、ワセリンって成分は大丈夫だけど少しヌルヌルやるからお化粧の持ちが僅かんですよね…難しい。

今日は時間もなかったので、リップバームの上からクリニークの口紅を通じてさらっと仕上げました。
でもピンクで少し浮いていたかもしれないです。

元々保育園の頃からセーラームーンやお姫様ごっことか、そういうのに興味がない人なので、あまりお化粧できなくてもそこまで悩んだりはしないのですが…。

最近また寒い季節で乾燥もひどくなるので、お化粧品の出費も少し増えそうです。
敏感肌コスメティックスって、一種3千円、4千円って少しお高いのですよね。
でも成分にこだわって作られているので、新しいメーカーを発見した時はかなり嬉しいです!

今日ひとり家計簿を付けていたら毎月よりも少し余裕があったので、午後はインターネットに夢中になっていました。
やはり手づくりでコスメレシピを作るのが本来は一番安心かな…。

でもやっぱり敏感肌コスメティックスをまとめたレビューサイトってまだまだ少ないですよね。
健康な人はある意味鈍いのです。

どんなものを日々食べているのか、付けているのか。

だから最近、趣味じゃないけど自分の研究課題になっています。もっと質の良いやさしいお化粧品を集めて、メイクもどんどん転職目指すな…。

いつもはカフェとかレースとかスカートに全く関心がないのですが。ふとしたきっかけで、少しずつでも考え方は変わって行くものですね。
来月には化粧台が欲しいのです。
中身は全部、敏感肌コスメだけだけれど。歯周病を早期に発見する方法と対策は