減量するには体脂肪を燃焼させるトレーニングが必要

減量を目的として、運動をしていたことがあるという人は、少なくないのではないでしょうか。
積極的に体を動かすことで、カロリー消費量を増やし、体脂肪を燃やす減量方法があります。
効果的な体脂肪の燃焼方法として、基礎代謝の底上げをはかるというやり方があります。
基礎代謝自体は筋肉の中で行われるものなので、まずは筋力を鍛えるトレーニングが効果的な方法です。
体を動かす機会がほとんどなかった人や、運動量が絶対的に足りていない人は、年をとるごとに筋肉が衰えていってしまうものです。
体内に蓄積されていた脂肪を効率的に燃やすには、筋肉がある程度はあることが前提となります。
筋トレをして、全身にバランスよく筋肉をつけることで、減量効果が現れやすい体にすることができます。
一カ所の筋肉を鍛えるのではなく、背筋や腹筋、ふくらはぎの筋肉、腕の筋肉など全身の筋肉を強化します。
心身に負担が大きい運動は長続きしませんので、無理なく続けられるような筋トレを心がけることが大事です。
毎日のトレーニングによって筋肉量が上がってきたら、ウォーキングやジョギング等の有酸素運動を行うようにします。
有酸素運動は、体に酸素を取り入れながら脂肪を燃焼させて運動を継続することができます。
ただし、脂肪の前に糖質が使われるので、食前に運動をすると脂肪が燃えやすくなります。
体脂肪を燃やすために運動をする場合は、まず筋トレをして、それから有酸素運動をします。
そうするとことで体脂肪が燃えやすくなります。

http://www.legidirect.net