骨折した時の対処

日常生活に不可欠の骨の一つである顎の骨。人体には約216本の骨がありそれぞれ大切で重要な役割があります。この大切な骨を折ってしまったら早急な処置が必要です。

この骨折の症状としてはその骨折した部分にのみ起る場合と全身の場合があります。骨折はその部分に痛みは腫れと言ったものが現れてその部分だけではなく、全身が動かしにくくなります。原因としては転んだり、何かにぶつけたりした後に腕や脚などに痛みが出ます。
また、腫れや痛みなどの自覚症状がなくても骨折していることがあるので早急に整形外科や接骨院などの治療院で診てもらうことが大切です。この自覚症状がない場合にはこの骨折している個所の表面に傷などが見当たらない場合もあり、それは皮下骨折または単純骨折と言います。
また明らかに骨折していない場合には骨にひびが入っていることもあるし、骨の一部が欠損したりまた同じ動作をくりかえすことでおきる疲労骨折もあるので要注意。そんな場合には最寄りの接骨院などの治療院での治療が必要です。