昆布茶っておいしい?

昆布茶って聞いたことはあるけれど、飲んだことはない。お茶はやっぱり緑茶が一番で次はウーロン茶でしょうかね。個人的には。麦茶は子供の頃よく飲んでましたけど、高校生くらいからウーロン茶ばかり飲むようになってそれに慣れてしまってからは麦茶がおいしいとは思えなくなりました。

で、最近はウーロン茶も脂っこいものを食べた時以外は飲まなくなってしまいました。もっぱらお茶なら緑茶ばかりを飲んでます。

昆布茶は昆布を乾燥させて細かく刻んだり粉末状にしたものをお湯にそそいで飲むそうです。昆布って出汁を取るのによく使います。味噌汁を昆布だしにするとおいしいですし、筑前煮とか煮物系も昆布だしにすると味が非常に旨味が出ておいしくなりますよね。

だから昆布から作ったお茶はお茶というよりはどちらかとうと出汁に近い感覚なんじゃないかと思うわけです。昆布茶は何か和食を食べた後に〆のお汁ものとしていいような気がします。

でも昆布茶には別の意味があるのを知ってましたか?欧米でも”Kombcha”っていう名称があるんです。でも日本の昆布茶を指すのではなく、紅茶キノコを指してKombchaって言ってるんですよ。この辺混同しないように気をつけましょうね。
コンブチャスリム激安通販